なかけん

なかけんのブログ的なやつです

【11/9(土)開催@大阪大学】アセクシュアルシンポジウム『アセクシュアルから考える親密性~人の多様性、関係の多様性~』

f:id:na_ka_ke_n:20190923091014j:plain
11月9日(土)大阪大学にてアセクシュアルに関するシンポジウムを行います!

アセクシュアルから考える親密性~人の多様性、関係の多様性~』

「親密」な関係性とはどのようなものでしょうか。
その答えは一人ひとり違うかもしれません。

アセクシュアルを自認する人に対して、「人に興味ないんだね」「寂しくないの?」と反応する人がいます。

「他者に性的に惹かれない」、アセクシュアル

なぜその人はそんなことを言うのか。
それは、性愛や恋愛を「親密性」と結びつけているからです。
性愛や恋愛がない=深い人間関係を持とうとしない、と解釈したのでしょう。

ではなぜそう考える人がいるのか?
本イベントでは、この疑問について考えたいと思います。
日本における恋愛至上主義や強制的性愛について、アセクシュアル当事者のライフヒストリーアセクシュアルスタディーズの両面から指摘し、「親密」な関係性を再考します。

性愛や恋愛だけにとらわれない、一人ひとり異なる多様な関係性について考えてみませんか。

 

イベント概要

日時

11月9日(土)15:00~17:30(14:30開場 / 途中入退場自由)

場所

大阪大学(吹田キャンパス)人間科学部 本館5階キャノピーホール

事前登録

不要

対象

学生・教職員・一般

使用言語

日本語

参加費

資料代500円

プログラム

今回は関係性や親密性をテーマに置き、お話をします。

当事者のトークセッションに加え、アセクシュアルの研究を行っている2名からアセクシュアルの概念整理や親密性とアセクシュアルに関する先行研究を解説します。

是非気軽にお越し下さい。

 

※本イベントは、Asexual Awareness Week in Japan 2019の1つのイベントとして実施しております。

主催:大阪大学大学院人間科学研究科生涯教育学研究室

共催:アセクシュアル啓発委員会

登壇者

なかけん

f:id:na_ka_ke_n:20190920205211j:plain
アセクシュアルXジェンダー当事者。

アセクシュアルXジェンダーをはじめとする多様な性に関して、大学や団体、企業での講演活動やWebメディア、Youtube等での発信活動を行う。セクシュアリティ別交流会『なかぷろ』主催。NHK『恋愛圏外』出演。

三宅 大二郎

f:id:na_ka_ke_n:20190920205308j:plain
大学院で英語圏アセクシュアル・コミュニティを対象に研究(修士:人間科学)し、修了後は日本のアセクシュアル・コミュニティを対象に研究活動を続ける。

現在は、同性愛者をはじめとする多様な性的マイノリティの人生を応援する団体「すこたんソーシャルサービス」で代表を務め、当事者(主にゲイ・バイ男性)向けイベントの企画・運営や、学校・自治体・企業を対象にしたセクシュアリティに関する講演・研修をしている。

フジ

f:id:na_ka_ke_n:20190920205344j:plain

アセクシャルXジェンダー当事者のトロンボーン吹き。
放課後等デイサービスで児童指導員をしながら、県内外問わず様々なイベントや取り組みに参加している。

長島史織

立命館大学大学院先端総合学術研究科在学中。

大学院にてジェンダーセクシュアリティ社会学の研究を行っている。

お問い合わせ

アセクシュアル啓発委員会:avecinjapan@gmail.com

*取材や撮影等のご依頼もこちらまでお願いいたします